≪新入荷≫木のみかた/三浦豊・大阪的/津村記久子&江弘毅(共にミシマ社)

ポケットサイズでデザインもかわいい「コーヒーと一冊」シリーズの第4弾が入荷しました。こちらでひとまず第1期が終了ということで全11冊がはいる「コーヒーと一冊ボックス」も出るそうです。

1冊目は「木のみかた」森の案内人と呼ばれる三浦豊さんが日本中を巡ってみてきた数々の木。(※70%の確率で山の案内人と間違えられるそうです。詳しくは読んでいただくとよくわかります)

森と林の違いってご存知でしょうか。わたしはもうちゃんと説明できます。いま目の前に木がなくてもちょっと目線を変えるだけで木がたくさんあることを知り、街歩きをしながら発見できる楽しみが増えるそんな1冊です。

そして2冊目「大阪的」です。リージョナルマガジンmeetsの元編集長の江弘毅さんと大阪生まれの小説家津村記久子さんが大阪のええトコわるいトコを語った笑える大阪あるある話を繰り広げます。

まだまだ関西初心者のわたしはおー、とかえー!とか言いって笑いながら読みました。


名前の通りこのシリーズは紙質、サイズどれをとってもコーヒー片手に楽しめる本になっています。店内で淹れたてのコーヒーとともにお楽しみください。

0コメント

  • 1000 / 1000